CASE STUDYインターネットサービスにおける
非優良顧客(不正ユーザー)の判別


インターネットサービス提供者様のアクセスユーザーに関して、
非優良顧客(不正ユーザー)を推定するAIを構築

お客様における課題

  • 様々な要因から非優良顧客を判別する必要があるため、統計的処理では予測精度が上がらなかった。
  • 非優良顧客を判別するにあたり、人手がかかり、費用が増大している。
  • 機密性の高いアクセス情報を外部に出せないため、外部のクラウドサービスの利用ができない。

ポイント

  • 「優良顧客だけでなく、非優良顧客の判別ができること。経験値があること。」
    ⇒「うちでも活用できそうだな」の身近なイメージを持ってもらいたい。
  • 「汎用的なインターネットサービスでも適用可能な実例があること。」
  • 「セキュアである点」

AIコンサルティング内容

インターネットサービス利用顧客情報(顧客情報、アクセスログ等)と、提供サービス(商品、カテゴリ等)データを元に、当該インターネットサービス利用ユーザーのうち、不正な取引を行う可能性の高い顧客の特徴を推定。それらの特徴から、機械学習を利用してその顧客の不正利用確率を算出するAIを構築しました。これにより、非優良顧客判別の効率化を可能としました。
また、当社のAIコンサルティングでは、お客様のオンプレミスの予測分析システムや、手元のパソコンで動く予測分析ソフトウェアに基づくソリューションの提供も可能となっており、顧客データなどの個人情報についてもセキュアな環境で扱うことが可能です。

img

その他の導入事例

VIEW MORE
CLOSE

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-6274-6511

受付時間:平日10:00〜18:00
*ゴールデンウィーク、夏季休業および年末年始を除く

WEBからのお問い合わせ CONTACT US

TOP