CASE STUDY不動産情報を加味した高精度の富裕層判定サービス


過去の取引データと、顧客情報に加え、お客様の住所情報に基づく、
不動産資産価値を加味することで、顧客の富裕度を判定
顧客情報が正確でない場合であっても、
不動産資産価値を加味することで、精度の高い推定を実現

お客様における課題

  • セールスマンが、優先的にアプローチをすべきお客様を抽出できていなかった。
  • 顧客情報が正確に記載されていない場合が多く、実際に富裕層である顧客へのアプローチができず、本来であれば獲得ができる売上を失ってしまった。

ポイント

  • 膨大な取引データ、顧客属性から、AIを活用してお客様の富裕度を推定し、ターゲット顧客の選定を行うことができる。

AIコンサルティング内容

販売活動・マーケティング活動を行うにあたり、富裕層である顧客に優先的にアプローチをするため、過去の取引データや、顧客情報などの過去の多様なデータに加え、お客様の住所情報から機械学習で推定される当社独自のAI不動産価格推定エンジンを活用した不動産価値をデータも含め、機械学習を行い、顧客の富裕度を算定。
本取り組みでは、既存顧客において、入力情報が正確でない(例えば自己申告の年収帯など)場合や、富裕度を直接同定する入力情報が無い場合においても、当社独自の不動産資産価値推定AIを活用することで、高精度の推定を実現することが可能となり、営業獲得効率の向上、マーケティング活動の高度化、営業活動の効率化を実現します。

img

その他の導入事例

VIEW MORE
CLOSE

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 03-6274-6511

受付時間:平日10:00〜18:00
*ゴールデンウィーク、夏季休業および年末年始を除く

WEBからのお問い合わせ CONTACT US

TOP